うるさいイビキの原因といびきをかかない治療法を公開中☆

スポンサードリンク


 


いびきをかかない方法 枕で行う方法

いびきをかく人の約6割があおむけに寝ているそうです。

 

仰向けに寝ると重力の関係で、舌の位置が背中側に落ち込み上気道が狭くなってしまいます。

 

 

いびきをかかない方法のひとつとして横向きに寝る方法があります。

 

横向きに寝ても重力の影響は受けますが、側面には舌のように上気道を狭める大きいものはないので、影響が少なくて済みます。

 

 

仰向けに寝る習慣のある人はいびきをかきやすくなるので、できるだけ横向きに寝るようにします。

 

美容、顔のたるみの関係では、仰向けに寝るのがいちばん良いのですが、いびきを解消してから仰向けに寝るのが良いです。

 

 

とはいっても、寝付くときは横向きでも、その後はどうなっているのか本人には分かりません。

 

おそらくいつもの習慣であおむけで寝てしまい、いびきをかいているだろうと推測されます。

 

この仰向けに寝る習慣を横向きに替えるために枕に工夫をしましょう。

 

たとえば枕の一方の端の下に本などを置いて起き、斜めにしておきます。

 

そうすることで、自然に横向きで寝る姿勢を取ることができます。

 

また、抱き枕を活用することも有効です。

 

抱き枕を両足にはさむようにして寝ると横向きに寝ることができます。

 

 

枕の高さもいびきに影響します。

 

高い枕を頭の下に入れると、自然と顎を引いた姿勢になります。

 

この姿勢では下あごと脊椎の距離が近づいて圧迫されるため、上気道がふさがりやすくなります。

 

逆に、肩の下に枕を入れると、下あごと脊椎の間隔は広がるので、上気道は開きやすくなります。

 

また、口を開けて寝ていると、やはり下あごと脊椎の距離が近づくので、いびきをかきやすくなります。

 

両手をあげてバンザイの恰好で眠るのも、同様の理由でいびきをかきやすくなります。

 

 

高い枕に慣れている人は、最初なかなか大変かと思いますが、タオルを重ねるなどして、できるだけ枕を低くして、いびきが改善できる自分に合った高さを探してみましょう。

 

 

枕の工夫は費用のかからない方法で、すぐに実行できてしかも即効性のあるものです。

 

いびきを改善して、ぐっすりと眠れるようになれば、毎日元気に過ごすことができます。

 


 


スポンサードリンク


いびきをかかない方法 枕で工夫関連ページ

枕が原因でいびきや肩こりに
いびきを枕でかかないようにする方法を解説。実際にイビキ防止枕を使用しての口コミ・感想です。いびきの対策を知って、うるさいイビキを防止しましょう。
枕で解消するには?
いびきを枕でかかないようにする解消法を解説。実際にイビキ防止枕を使用しての口コミ・感想です。いびきの対策を知って、うるさいイビキを防止しましょう。
いびき 横向きに寝る枕とは?
いびきを枕でかかないようにする方法を解説。実際にイビキ防止枕を使用しての口コミ・感想です。いびきの対策を知って、うるさいイビキを防止しましょう。
いびき解消枕 どこでオーダーメイドしてもらえるの?
いびきを枕でかかないようにする方法を解説。実際にイビキ防止枕を使用しての口コミ・感想です。いびきの対策を知って、うるさいイビキを防止しましょう。
いびき枕 オーダーメイドの実力
いびきを枕でかかないようにする方法を解説。実際にイビキ防止枕を使用しての口コミ・感想です。いびきの対策を知って、うるさいイビキを防止しましょう。
いびき枕 オーダーメイドの実力
いびきを枕でかかないようにする方法を解説。実際にイビキ防止枕を使用しての口コミ・感想です。いびきの対策を知って、うるさいイビキを防止しましょう。
いびき枕 タオルで作り方
いびきを枕でかかないようにする方法、タオルでできるいびき枕を解説。実際にイビキ防止枕を使用しての口コミ・感想です。いびきの対策を知って、うるさいイビキを防止しましょう。
いびきは枕が高いと起こる?
いびきを枕でかかないようにする方法を解説。実際にイビキ防止枕を使用しての口コミ・感想です。いびきの対策を知って、うるさいイビキを防止しましょう。
いびきをかかない枕の高さは?
いびきを枕でかかないようにする方法を解説。実際にイビキ防止枕を使用しての口コミ・感想です。いびきの対策を知って、うるさいイビキを防止しましょう。
枕の高さがいびきの原因に
いびきを枕でかかないようにする方法を解説。実際にイビキ防止枕を使用しての口コミ・感想です。いびきの対策を知って、うるさいイビキを防止しましょう。
枕なしで寝ることの効果
いびきを枕でかかないようにする方法を解説。実際にイビキ防止枕を使用しての口コミ・感想です。いびきの対策を知って、うるさいイビキを防止しましょう。