うるさいイビキの原因といびきをかかない治療法を公開中☆

スポンサードリンク


 


枕 いびき 肩こり 枕が原因でいびきや肩こりに

枕が原因でいびきや肩こりになっていることがしばしばあります。

 

1日の3分の1は一緒にいる枕。

 

あなたの今使っている枕が合っているのか、見直してみましょう。

 

 

枕をしていないと、首が直立している時と異なった形状になってしまうので、頚椎に負担がかかってしまい、血行が悪くなったり、肩や首こり、睡眠が浅くなってしまいます。

 

 

たとえば、高さが高すぎる枕。

 

こういった枕は、首の骨が圧迫され、首が痛くなったり、肩が凝ったりします。

 

朝起きて、枕がとんでもない所に行ってしまっていたら、それは枕が合っていないのかもしれません。

 

また、いびきと枕の関係も深く、枕によっていびきが改善されることもあります。

 

自分の適切な高さ以上に高い枕を使っていると、首が前傾してしまい首筋や肩にかなり負担がかかり緊張状態になってしまいます。

 

寝心地としては、最初は首の後ろ側が軽くストレッチされるような感じで気持ちがいいと思いますが、長く寝ている間に筋肉がこわばって、肩こりを引き起こします。

 

また首元に支えのない枕なども頭を支えるため、首筋や肩の筋肉に知らず知らずに力が入っていることがあります。

 

適切な枕の高さは、男性の場合平均4p、女性の場合3pくらいだといわれています。

 

 

実際は、頭の形や大きさ、そして頚椎のカーブによっても個人個人で微妙に違ってきます。理想的な枕の高さは、直立した時の頭の角度と、仰向けで寝た時の頭の角度が同じになる高さだといわれています。

 

 

最近では、枕を個人の体型で計算してオーダーメイドしてくれる専門店がとても流行っています。

 

いかに現代人が肩こりやいびきに悩んでいるのかがわかります。

 

 

自分の枕が合っているかどうか、自分に合った高さを見つけるためには、こうした専門店でオーダーメイドの枕を作ってもらう前に、低い枕で一度試してみましょう。

 

わざわざ低い枕を購入する必要はありません

 

バスタオルなどを折って枕がわりにします。

 

高い場合には薄くしていき、低い場合にはタオルを足していきます。

 

そして少しずつ調整を繰り返していき、あなたが快適だと思える高さを見つけ出していきましょう。

 


 


スポンサードリンク


枕が原因でいびきや肩こりに関連ページ

枕で解消するには?
いびきを枕でかかないようにする解消法を解説。実際にイビキ防止枕を使用しての口コミ・感想です。いびきの対策を知って、うるさいイビキを防止しましょう。
いびきをかかない方法 枕で工夫
いびきを枕でかかないようにする方法を解説。実際にイビキ防止枕を使用しての口コミ・感想です。いびきの対策を知って、うるさいイビキを防止しましょう。
いびき 横向きに寝る枕とは?
いびきを枕でかかないようにする方法を解説。実際にイビキ防止枕を使用しての口コミ・感想です。いびきの対策を知って、うるさいイビキを防止しましょう。
いびき解消枕 どこでオーダーメイドしてもらえるの?
いびきを枕でかかないようにする方法を解説。実際にイビキ防止枕を使用しての口コミ・感想です。いびきの対策を知って、うるさいイビキを防止しましょう。
いびき枕 オーダーメイドの実力
いびきを枕でかかないようにする方法を解説。実際にイビキ防止枕を使用しての口コミ・感想です。いびきの対策を知って、うるさいイビキを防止しましょう。
いびき枕 オーダーメイドの実力
いびきを枕でかかないようにする方法を解説。実際にイビキ防止枕を使用しての口コミ・感想です。いびきの対策を知って、うるさいイビキを防止しましょう。
いびき枕 タオルで作り方
いびきを枕でかかないようにする方法、タオルでできるいびき枕を解説。実際にイビキ防止枕を使用しての口コミ・感想です。いびきの対策を知って、うるさいイビキを防止しましょう。
いびきは枕が高いと起こる?
いびきを枕でかかないようにする方法を解説。実際にイビキ防止枕を使用しての口コミ・感想です。いびきの対策を知って、うるさいイビキを防止しましょう。
いびきをかかない枕の高さは?
いびきを枕でかかないようにする方法を解説。実際にイビキ防止枕を使用しての口コミ・感想です。いびきの対策を知って、うるさいイビキを防止しましょう。
枕の高さがいびきの原因に
いびきを枕でかかないようにする方法を解説。実際にイビキ防止枕を使用しての口コミ・感想です。いびきの対策を知って、うるさいイビキを防止しましょう。
枕なしで寝ることの効果
いびきを枕でかかないようにする方法を解説。実際にイビキ防止枕を使用しての口コミ・感想です。いびきの対策を知って、うるさいイビキを防止しましょう。