うるさいイビキの原因といびきをかかない治療法を公開中☆

スポンサードリンク


 


睡眠時無呼吸症候群の人は、上気道の中でも特に狭くなってふさがりやすい場所があります。

 

それは「軟口蓋後壁部」と「舌根部」です。

 

軟口蓋というのは、上あごの奥の柔らかい部分です。

 

舌根部分は、文字どおり舌の付け根の部分です。

 

このうちどちらの場所がふさがりやすいかというと、軟口蓋後壁部のほうが舌根部よりも機動断面積が狭く、狭くなりやすく、仰向け根は横向き寝より塞がりやすくなります。

 

そこでいびきをかかなくするためには、仰向けでなるよりも横向きで寝る方がいいといえます。

 

横向きで寝る枕とは、つまり仰向きで寝ないようにする枕と考えていいでしょう。

 

寝る時には「横向きで寝るぞ」と思って寝ても、その後は必ずしも横向きで寝続けているかというと本人には分かりません。

 

分かるとすれば、朝起きた時の状態ですが、たぶんほとんどの人がなんの工夫もしなければ、仰向けで寝てしまうのではないでしょうか。

 

それは、長年の習慣なので「今日から横向けで寝る」といってもそう簡単にできるものではありません。

 

 

そこで自然に横向きに寝ることができる枕が販売されています。

 

枕のタイプにもよりますが、眠る時に枕に頭を載せると、自然に横向きに眠るような構造になっています。

 

 

たとえば枕の中央部に山のようなでっぱりがあったりして、使い続けているうちに、無理に横向きにするのではなく自然に横向きに寝る癖がつきます。

 

ただし、最初のうちはどうしても寝にくかったりするので、朝起きたら枕が頭から外れていたということもあります。

 

高い枕は自然と仰向けで寝てしまいます。

 

 

高い枕で横向きで寝ると、首の頚椎が圧迫されることで肩こりになったり、悪化すると40肩、50肩にもなる場合があります。

 

寝違いの原因にもなります。

 

 

まずは枕を低くすれば横向きで寝やすくなります。

 

足を絡めやすい抱き枕を利用することで、自然と横向きに寝やすくなります。

 

横向きで寝るための方法というのはいくつかありますが、無理して横向きで寝た睡眠不足になっては意味がありません。

 

横向きでも改善されない場合は、耳鼻咽喉科などを受診しましょう。

 

 


 


スポンサードリンク


いびき 横向きに寝る枕とは?関連ページ

枕が原因でいびきや肩こりに
いびきを枕でかかないようにする方法を解説。実際にイビキ防止枕を使用しての口コミ・感想です。いびきの対策を知って、うるさいイビキを防止しましょう。
枕で解消するには?
いびきを枕でかかないようにする解消法を解説。実際にイビキ防止枕を使用しての口コミ・感想です。いびきの対策を知って、うるさいイビキを防止しましょう。
いびきをかかない方法 枕で工夫
いびきを枕でかかないようにする方法を解説。実際にイビキ防止枕を使用しての口コミ・感想です。いびきの対策を知って、うるさいイビキを防止しましょう。
いびき解消枕 どこでオーダーメイドしてもらえるの?
いびきを枕でかかないようにする方法を解説。実際にイビキ防止枕を使用しての口コミ・感想です。いびきの対策を知って、うるさいイビキを防止しましょう。
いびき枕 オーダーメイドの実力
いびきを枕でかかないようにする方法を解説。実際にイビキ防止枕を使用しての口コミ・感想です。いびきの対策を知って、うるさいイビキを防止しましょう。
いびき枕 オーダーメイドの実力
いびきを枕でかかないようにする方法を解説。実際にイビキ防止枕を使用しての口コミ・感想です。いびきの対策を知って、うるさいイビキを防止しましょう。
いびき枕 タオルで作り方
いびきを枕でかかないようにする方法、タオルでできるいびき枕を解説。実際にイビキ防止枕を使用しての口コミ・感想です。いびきの対策を知って、うるさいイビキを防止しましょう。
いびきは枕が高いと起こる?
いびきを枕でかかないようにする方法を解説。実際にイビキ防止枕を使用しての口コミ・感想です。いびきの対策を知って、うるさいイビキを防止しましょう。
いびきをかかない枕の高さは?
いびきを枕でかかないようにする方法を解説。実際にイビキ防止枕を使用しての口コミ・感想です。いびきの対策を知って、うるさいイビキを防止しましょう。
枕の高さがいびきの原因に
いびきを枕でかかないようにする方法を解説。実際にイビキ防止枕を使用しての口コミ・感想です。いびきの対策を知って、うるさいイビキを防止しましょう。
枕なしで寝ることの効果
いびきを枕でかかないようにする方法を解説。実際にイビキ防止枕を使用しての口コミ・感想です。いびきの対策を知って、うるさいイビキを防止しましょう。