いびきの原因と治療・治し方を紹介☆

スポンサードリンク


 


いびき防止のグッズはいろいろと販売されています。

 

その中で面白いものを紹介しましょう。

 

それはリュックです。

 

遠足などに行くリュックサックを背負う方法です。

 

この方法はいびきを止める効果があり、ポイントは体が横向きになることです。

 

いびきをかく時には体が仰向けになった状態です。

 

気道がふさがるためにいびきとなります。

 

つまり、仰向けにならなければいびきはかかないと言う理屈です。

 

ただ、リュックサックを背負う時に注意しなければならないのは枕です。

 

通常の枕よりも高いものを使用しましょう。

 

実際には自分で調節して、ぐっすり眠れる方法を試行錯誤するのが一番でしょう。

 

いびきを解消することは、気道を確保することですから、無呼吸症と診断された人にも効果があります。

 

気道が通じていれば、呼吸が止まることはないからです。

 

自分で無呼吸症だとわかる人はいませんが、家族などから指摘されているならば、病院で診断してもらうべきでしょう。

 

リュックサックを背負う時には、リュックにタオルなどの柔らかいものを丸めて入れましょう。

 

背中がコロコロするので、仰向けで寝ることができません。

 

日ごろから、いびきをかかない人は実は横向きに寝ているのかもしれませんね。

 

ある人が実験した結果によると、リュックサックなしの場合でいびきが150回だったのにリュックサックを背負うと27回に激減したと言うことです。

 

 

リュックを背負わなくても、横向きに寝る習慣の人は何もする必要がありません。

 

背中に枕を当ててみるのもいいですね。

 

リュックと同じ理屈です。

 

スポーツ選手が鼻につけるテープを寝る時に使用するのも効果があると言われています。

 

これは鼻が詰まってしまう人に有効です。

 

自分のいびきがどこから来ているのかを観察することが大事ですね。

 

 

多くの奥様達が旦那のいびきで寝られないと悩んでいるようですが、体を横にしてやることでいびきは治まるのです。

 

今夜にでも試してみましょう。

 

 

もちろん、無呼吸状態になっているなら、いびきとは別の問題ですから、すぐに対処することが必要です。

 


 


スポンサードリンク