かわいいワンちゃんのイビキの原因といびきをかかない治療法を公開中☆

スポンサードリンク


 


犬のいびきがうるさい 犬のいびきがうるさい 対処法は?

下記に上げるは、いびきをかく可能性が高い犬種です。

 

犬のいびき対策の1つとして、参考になるかと思います。

 

フレンチブルドック、ブルドック、ボクサー、シーズー、テリア、スパニエル、ブリュッセル・グリフォン、チャウチャウ、パグ、チン、ペキニーズと多種存在しています。

 

しし鼻品種の犬とも呼ばれ、航空会社ではペット輸送の品種による制限がされていることも有ります。

 

理由としては、飛行による気圧の変化や湿度温度による影響を受けやすいとし、航空会社により更に多くの犬種が指定されている事も有ります。

 

鼻を短く改良された犬種は、鼻の長い犬に比べて鼻音が響きやすく鼻での呼吸がしにくい事から、輸送トラブルを避ける為の制限との事です。

 

 

既に一緒に生活している犬のいびきが気になる場合、上記にあげた犬種の場合病気で無い限り、いびきを止める方法は多数有ります。

 

体重が増えたことによる気道圧迫が原因で、いびきをかく可能性もあります。

 

対策としては犬用ベッドを使用して、いびきをかいて寝ている体勢を変えます

 

枕等使い頭を上げ、塞がれている気道を広げる方法も有ります。

 

若しくは体重を落とす事により、いびきがおさまる事も有りますので、食事の改善や運動量を増やす等行います。

 

それでもいびきが止まらない場合は、動物病院で簡単な手術を受ける方法も有ります。

 

タバコから遠ざける、アレルゲンを排除することで改善される事もあるので、どちらにしても診察を受けての処置になるかと思います。

 

 

確実に手術で対応される病気をいくつか上げておきます。

 

軟口蓋過長症(なんこうがいかちょうしょう)は、生まれた時から軟口蓋が長いことで起こる症状です。

 

チワワ、マルチーズ、ポメラニアン、ヨークシャーテリアに多い気管虚脱は、高齢になってからいびきをしだす事あるので要注意です。

 

いびきにより、症状が悪化している事を知る事が出来ます。

 

 

鼻の短い犬種の場合、このような病気になる(持っている)事が多く、呼吸しづらい状態を長く放置しておくと呼吸困難に陥る事もあります。

 

 

いびきは場合によって、病気を知る事の出来るきっかけとなることもあります。

 

ひととおり試して、病気でもない場合はそっと寝る場所を変えてみるのもいいかと思います。

 

 

もちろん、犬が落ち着いてゆっくり寝られる環境で、寝させてあげている事が大切です。

 

 

 

 

 


 


スポンサードリンク