うるさいイビキの原因といびきをかかない治療法を公開中☆

スポンサードリンク


 


いびきをかかない方法 喉を鍛える方法

いびき解消には喉を鍛えることがいいと言われています。

 

喉を鍛えることによってどのような効果があるのでしょうか。

 

 

それは口呼吸ではなく鼻呼吸ができるようになることです。

 

鼻が詰まっている人の多くが口呼吸をしています。

 

そのため、睡眠時にいびきとなってしまうのです。

 

具体的に喉を鍛える方法を紹介しましょう。

 

 

その一つが「あいうべ体操」です。

 

口の周りの筋肉を鍛えることになります。

 

 

この体操はその名の通り、あ、い、う、べを発声する時の口の形を作ることです。

 

口の周りに力を入れて行います。

 

「あ」は口を大きく開けます。
顎が疲れるくらいに強く広げます。
声を出す必要はありません。

 

それから「い」も同様です。
首筋の血管が浮き出るくらい力を入れましょう。

 

「う」は口を尖らせて前に突き出します。

 

「べ」は舌を思い切りだします。
あっかんべーの要領です。

 

これらを1日30回やります。

 

それぞれの音を5秒程度ですから、あまり時間はかかりません。

 

朝昼晩に分けてやってみましょう。

 

本当にこれだけで喉が鍛えられるのでしょうか。

 

嘘だと思ったら試してみてください。

 

 

実際の病院で実施されている体操ですが、かなりの効果があったと言われています。

 

口呼吸から鼻呼吸になることで、いびきの解消効果があります。

 

もちろん、それだけではなく、ばい菌が体内に入るのを防ぐことができます。

 

口臭も抑えられます。

 

いいことばかりですね。

 

喉を鍛えることは日常生活の中ではほとんどありません。

 

日ごろ使わない筋肉を鍛えること大事なのです。

 

特にいびきは無意識のうちに行っていることです。

 

筋肉が鍛えられたら、睡眠中でも喉が狭まることがなくなります。

 

ずっと力を入れているからです。

 

喉の筋肉が弛緩することによって、気道がふさがれていびきとなります。

 

 

この体操の他にもいろいろなことが考案されています。

 

マウスピース状のものを口にくわえて寝るといいとか、歌を歌って喉を鍛えることも考案されています。

 

それぞれに一定の効果は上がっていると言われています。

 


 


スポンサードリンク


いびき 喉を鍛える方法関連ページ

喉トレーニングの方法
いびきの原因となっている喉の鍛え方やトレーニング方法を詳しく解説しています。いびきの防止法を知って、うるさいイビキを防止しましょう。
いびきは喉を鍛えると治る
いびきは喉を鍛えると治ります。いびきの原因となっている喉の鍛え方やトレーニング方法を詳しく解説しています。いびきの防止法を知って、うるさいイビキを防止しましょう。