うるさいイビキの原因といびきをかかない治療法を公開中☆

スポンサードリンク


 


いびき原因は、の筋肉がゆるんで、舌が落ち込むことで気道が狭くなってしまうからです。

 

だったらイビキの原因である喉の筋肉を鍛えてしまえば、いびきはかきにくくなります。

 

 

喉の筋肉の鍛え方として、空のペットボトルを用意します。

 

大きさは500mlでも1.5リットルでもかまいません。

 

そしてペットボトルを加えて中の空気をゆっくりと吸い出します。

 

中の空気がなくなり、ペットボトルがへこむまで吸い続けます。

 

完全にへこませたら、次に空気を吐き出してもとの形に戻します。

 

これを繰り返すだけなのですが、このトレーニングをしている時には、ただ吸ったり吐いたりするだけでなく、必ず喉の奥を広げているとイメージでトレーニングをしましょう。

 

こうすることで、喉の筋肉をつけることで、逆に脂肪を減らしていき、空気の通り道を広く確保することができます。

 

さらに、いびきをかく人の多くは、口を開けて口呼吸をしています。

 

この口呼吸を鼻呼吸に改善する運動があります。

 

口を閉じて鼻で呼吸するためには、口の周りの筋肉と舌を突き出す筋肉を鍛える必要があります。

 

 

もうひとつは「あいうべ体操」といわれているものがあります。

 

「あいう」は口の周りの筋肉を鍛え、「べ」は舌を突き出す筋肉をトレーニングするものです。

 

口を楕円形にして、喉の奥が見えるまで大きく開いて「あ〜」といいます。喉の奥が大きく開いていることを意識します。

 

次に前歯をむき出して、首の筋が浮き出るくらい口を横に開いて「い〜」といいます。

 

「う〜」は、口を閉じて唇をできるだけ尖らせて前に突き出します。

 

最後に「べ〜」と舌の付け根が痛くなるくらい思い切り下を前に突き出します。この4つの動作を1日30セットを行います。

 

1セットだいたい5秒くらいで行います。特に声を出す必要はありませんが慣れるまでは、声を出してトレーニングをした方が正しい動きがつかめると思います。

 

 

またガムや硬めのグミ、スルメやおしゃぶり昆布を噛んで顎の筋肉を鍛えると効果が上がります。

 

 


 


スポンサードリンク


いびき 喉トレーニングの方法関連ページ

いびきは喉を鍛えると治る
いびきは喉を鍛えると治ります。いびきの原因となっている喉の鍛え方やトレーニング方法を詳しく解説しています。いびきの防止法を知って、うるさいイビキを防止しましょう。
いびき 喉を鍛える方法
いびきの原因となっている喉の鍛え方やトレーニング方法を詳しく解説しています。いびきの防止法を知って、うるさいイビキを防止しましょう。